FC2ブログ
就職・転職・キャリアアップのための会計系資格
仕事・年収 試験内容 会計系資格(他)
公認会計士 公認会計士試験 簿記1・2・3級
米国公認会計士(USCPA) 米国公認会計士試験 資格難易度・レベル
税理士 税理士試験 通信 or 通学

公認会計士試験の受験理由

資格の大原公認会計士講座


【受講講座名】 公認会計士講座【資格の大原】(資料請求)
web通信講座 入門1.5年ウィンター本コース(チャレンジ)

※簿記2・1級修了レベル
※冬スタートの1.5年コース、短答2回の受験チャンスあり
※2010年合格目標

【学習の目安】 約1.5年/週3回~6回のペースで学習/1講義:3時間05分


公認会計士試験を受験することを決意した理由について書きたいと思います。

やっと、2回目の更新となります。

・経営企画という業務と自分の性格
・簿記2級、簿記3級 受験過程で得た感覚

まずは、最初のやつから。

・経営企画という業務と自分の性格

今、従事している経営企画という業務って、なにかとらえどころがない気がしています。

個人的にはスペシャリストになりたい性格なので、
ゼネラリスト面が強いとなにか物足りない気がして。

もともと大学院での研究生活から、社会人になり、経営企画業務を始めてから、 この感覚は変わってないかと感じてます。

あっ、でも経営企画という業務は好きですよ。

でも、社内外問わず、営業、経理、財務、法務・・・といろいろな方とかかわる中で、やはり、ゼネラリスト的な業務をやりながらでも、自分の領域というか、スペシャリティは持ちたいなと。


いろいろな業務をやる中で、管理会計とか、財務会計とか、の領域が自分にあっているようで、 その中でも、かなり高い目標でありますが、公認会計士を目指そうと。


資格でなくてもとも考えましたが、やはり目標は高く。


・簿記2級、簿記3級 受験過程で得た感覚

簿記2級、簿記3級も勉強しました。(簿記1級も一通り、業務のために。)

合格する前の簿記検定試験の受験過程でもかなり業務で成長している感覚を持ちました。
ぜんぜん、合格する前にです。

ありきたりではあるのですが、公認会計士の受験過程でも、
勉強した分は自分の血となり、肉となり、将来の自分を支えると思うのです。

こちらも公認会計士を志した理由です。
なんか、最後はあつい感じになってしましたが。。。

前の日記自己紹介へ
ブログトップページ公認会計士をめざす。大原のweb通信で。


スポンサーサイト



テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育