FC2ブログ
就職・転職・キャリアアップのための会計系資格
仕事・年収 試験内容 会計系資格(他)
公認会計士 公認会計士試験 簿記1・2・3級
米国公認会計士(USCPA) 米国公認会計士試験 資格難易度・レベル
税理士 税理士試験 通信 or 通学

税理士試験

科目別合格制度で5科目に合格すれば税理士試験の合格となります。1回の試験で1科目から5科目まで受験でき、5科目合格までの期限制限はありません。

<税理士試験科目>

●必須科目
 
 簿記論および財務諸表論

●選択必須科目(最低1科目を選択、2科目選択も可能)
 
 ・法人税法
 ・所得税法

●選択科目

 ・相続税法
 ・固定資産税
 ・酒税法または消費税法
 ・事業税または住民税
 ・国税徴収法

<受験資格>

(1)大学または短大の卒業者(法律学または経済学に属する科目を履修している者)
(2)大学3年次以上の者(法律学または経済学に属する科目を履修している者。ただし、取得単位制限あり)
(3)専修学校の専門課程(いわゆる専門学校)修了者で法律学又は経済学に属する科目を履修している者
(4)日商簿記1級、または、全経簿記上級の合格者
(5)実務経験者(業務従事期間3年以上) 他

<税理士試験の試験日程>

例年、年一回、8月第一週の火、水、木に札幌市、仙台市、埼玉県、東京都、名古屋市、金沢市、大阪府、広島市、高松市、福岡県、熊本市、那覇市で行われています。

詳細の試験日程ははかならず、国税庁ホームページで確認してください!


大原の校舎で説明を受ける内容は、パンフレットの内容がほとんどですので、まずは資料請求でパンフレットを見て、時間とお金を節約したほうがいいと思います。

資格請求⇒税理士講座【資格の大原】資格の大原 税理士講座

ブログトップページ:公認会計士をめざす。大原のweb通信で。

スポンサーサイト



テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

税理士の年収・仕事


所得税、法人税、相続税、消費税等、企業や事業主に係わる税金は数多くあり、その内容も頻繁に改正されています。

税理士は、この税に関する専門家で、税に関する相談や書類の作成を行う税務分野のプロフェッショナルです。最近では節税対策などを中心に、税務に関する総合的なアドバイスが求められ、企業経営全体のコンサルティングという役割の要請も高まっています。また、独立して自分の事務所を持つことも可能な資格です。

<税理士の仕事>
税理士には税理士法に定められた独占業務が3つあります。

(1)税務の代理

 税に関する法令に基づき、税務官公署に対して申告、申請、請求などを納税者に代わって行うこと。

(2)税務書類の作成

 税務官公署に提出する申請書、請求書などを税理士自らの責任と判断において作成すること。

(3)税務の相談

 具体的な事例に基づき、所得金額や税額の計算などの相談に応じること。

最近では、コンサルティングファームや、事業会社の幹部クラスとして働いている方も多くいます。


<税理士の年収・収入>

・独立開業
 400~3,000万円
 
・大手税理士法人
 400~1,500万円
 
・企業勤務
 400~1,500万円
 
・コンサルティングファーム勤務
 500~1,200万円
 
・中小税理士事務所勤務
 350~500万円
 
・金融機関勤務
 400~1,300万円


大原の校舎で説明を受ける内容は、パンフレットの内容がほとんどですので、まずは資料請求でパンフレットを見て、時間とお金を節約したほうがいいと思います。

資格請求⇒税理士講座【資格の大原】資格の大原 税理士講座

ブログトップページ:公認会計士をめざす。大原のweb通信で。

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

米国公認会計士(U.S.CPA)試験

米国公認会計士(USCPA)試験では、科目合格制度が採用されており、基本知識を問う問題が出題され、難問・奇問はありません。ただ、現在の受験可能地は米国です。全米各地にあるコンピュータテストセンター試験は予約制となっています。土日と米国の祝日を除いて、毎日受験が可能となっており、どの州に出願しても、日本から近いグアム/ハワイで受験が可能ですので、ほとんどの方がグアムで受験されるようです。

----
2010年7月16日(金)、AICPA International Provider Meetingが東京にて開催され、その席上で、今後USCPA試験を米国国外で実施することを検討している旨の発表がなされました。
米国国外での実施にあたり、第一段階として、2011年より日本で試験的に実施できるよう、調整が進められています。

現時点で公表されております内容は以下となります。

実施会場:東京・横浜・大阪3都市にあるプロメトリックのテストセンター(予定)。
実施時期:2011年からの実施に向けて調整中。
受験可能月:4つのTesting Windowそれぞれの受験可能月2ヵ月間のうちの1ヶ月。
追加料金:通常の受験料以外に米国国外手数料が加算される予定(金額は未定)。
----

<米国公認会計士(USCPA)の試験科目>

試験はCBT(Computer-Based Testing)で行われます。CBTとは、PCの画面上に出題され、PC上で解答を入力していく試験方法のことを指します。

Financial Accounting & Reporting (財務会計)

Business Environment & Concepts (企業経営環境・経営概念)

Regulation (諸法規)

Auditing & Attestation (監査および諸手続き)

いずれの科目においても、実務レベルの基本的な問題が広く浅く出題されています。短期合格のためには、網羅的にポイントを付いた勉強をするひつようがあります。


<米国公認会計士(USCPA)の受験資格>

試験は全米統一で実施されますが、受験資格に関してはアメリカの各州で規定されています。受験資格は州ごとに異なりますが、原則としては4年制大学卒業で、所定の会計単位及びビジネス単位が必要です。ただし短大卒や大学在学中の方が出願できる州もあります。
※日本の大学を始めとする米国以外の大学を卒業された方は、そこで取得された単位や学位をアメリカの学歴審査機関で審査してもらう必要があります。


<米国公認会計士(USCPA)の日程>

1年間を4期間に区切り、各期間のうち最初の2ヵ月を受験可能期間(1~2月、4~5月、7~8月、10~11月)とし、残りの1ヵ月はコンピュータ調整等に使われる受験できない期間です。各期に1科目から4科目までの受験が可能です。
好きな日時にPrometricテストセンターの座席を予約し受験することができます。※但し、Prometricテストセンターの休業日を除きます。


大原の校舎で説明を受ける内容は、パンフレットの内容がほとんどですので、まずは資料請求でパンフレットを見て、時間とお金を節約したほうがいいと思います。

資料請求⇒米国公認会計士【資格の大原】資格の大原米国公認会計士講座

ブログトップページ:公認会計士をめざす。大原のweb通信で。

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

米国公認会計士(USCPA)の年収・仕事

U.S.CPA(U.S. Certified Public Accountant)とは、文字通り、米国の公認会計士資格です。米国においては、U.S.CPAは監査と税務を独占業務としています。日本における活躍の場は監査法人、一般企業、コンサルティングファームと多岐に渡ります。


<米国公認会計士(USCPA)の仕事>

米国公認会計士は、監査法人・税理士法人において、次ような業務をすることが多いようです。

・会計監査業務・情報システム監査業務(米国会計基準)

日本では、日本の公認会計士が意見表明をしますが、日本の監査法人でも米国会計基準に基づく英語の財務諸表を監査する件数が増えています。そのため、4大監査法人などでは、日本の公認会計士試験合格者と同様に、U.S. CPA試験合格者を採用し監査チームの一員として加えるようになっているようです。

・トランザクションサービス

M&A(合併・買収)、リストラクチャリング(事業の再構築)、IPO(新規株式公開)におけるアドバイザリー業務です。金融の最前線の投資銀行やFASなどでの業務想像するといいかもしれません。

・税務業務

日本の国税に相当する米国連邦税に基づく税務サービスが主な業務です。日本国内では、日本に駐在する日本に駐在する米国人の所得税申告や米国企業の法人税申告が主な業務となります。

そのほか、一般事業会社における経理・財務業務、内部監査・内部統制業務や、会計系コンサルティングファームにおいても、米国公認会計士のニーズが大きくなっているようです。


<米国公認会計士(USCPA)の年収・収入>

日本における米国公認会計士は、800万円~1000万円くらいとも言われていますが、もともこもないかもしれませんが、働く会社によって違います。ただ、一ついえるのは給与の高い企業に入ることができる可能性は広がります。例えば、給料の高い外資系のコンサルティングファームや、外資系企業に入るためのウリになります。実務経験があればなおいいでしょう。難易度も公認会計士より高くないですし、キャリアのためにはとてもいい資格だと思います。



大原の校舎で説明を受ける内容は、パンフレットの内容がほとんどですので、まずは資料請求でパンフレットを見て、時間とお金を節約したほうがいいと思います。

資料請求⇒米国公認会計士【資格の大原】資格の大原米国公認会計士講座

ブログトップページ:公認会計士をめざす。大原のweb通信で。

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

公認会計士試験

現試験制度では、受験資格の撤廃、合格実績の持ち越し制度などが導入されました。さらに2010年度から短答式試験が年2回の実施となり、これまで以上にチャレンジしやすい試験となりました。


<公認会計士の試験科目>

●短答式試験 (マークシート方式)

(1)財務会計論
(2)管理会計論
(3)監査論
(4)企業法

なお短答式による試験に合格すると2年間は同試験の受験が免除されるがこの試験を毎年受験することも可能で合格した場合は短答式試験免除の有効期限が延長される。


●論文式試験(記述式)

(1)会計学
(2)監査論
(3)企業法
(4)租税法
(5)選択科目(一つ選択)
 ・経営学
 ・経済学
 ・民法
 ・統計学
 
 
●修了考査

公認会計士試験に合格した者であって、日本公認会計士協会が実施する実務補習を3年間履修し必要単位を収めた者に対し受験資格が与えられる、実務補修の修了試験である。


<公認会計士の受験資格>

受験資格は特に定められていないので、年齢や学歴にかかわらず誰でも受験することができます。


<公認会計士の試験日程>

●短答式試験
 5月末の日曜日

●論文式試験
 8月下旬の金曜日から日曜日の3日間


このぐらいのスケジュールで税理士試験が実施されると、試験日程を参考に記載しましたが、詳細はかならず、公認会計士・監査審査会で確認してください!


大原の校舎で説明を受ける内容は、パンフレットの内容がほとんどですので、まずは資料請求でパンフレットを見て、時間とお金を節約したほうがいいと思います。


資料請求⇒公認会計士講座【資格の大原】資格の大原公認会計士講座


ブログトップページ:公認会計士をめざす。大原のweb通信で。

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

公認会計士の年収・仕事

公認会計士の主な業務は、主な財務書類の監査・証明業務ですが、近年、ビジネスの多様化・国際化に伴い、企業経営に多くの会計スキルが必要となっています。公認会計士が活躍できる領域は広がっており、監査法人だけではなく、コンサルティングファーム、FAS、投資ファンドでも多くの公認会計士が働いてます。

<公認会計士の仕事>

(1)監査業務 

監査業務は公認会計士のみに認められた業務です。主に監査法人に勤める公認会計士の業務となっています。企業は決算書類(財務諸表)を作成し、株主や投資家、銀行などに対して自社の財務・経営状態を公表します。その際に株主や投資家などに代わって、利害のない第三者として書類に虚偽や不備がないかを厳正な目で確認し証明します。

(2)コンサルティング業務

企業の立場に立ち、会計や経営戦略の調査・計画立案・指導を行うのがコンサルティング業務です。近年、会計のプロとして公認会計士の助言を必要とされるケースが急増しています。会計以外の専門分野を確立し、活躍する公認会計士が注目を浴びています。外資系のコンサルティングファーム(会計系ファームなど)では、年中、公認会計士を募集しています。

(3)税務業務

公認会計士に登録することで、税理士資格の取得ができます。但し、この分野については税理士の方が専門家ですので、税務については税理士に頼む企業が多いと思います。

(4)株式公開支援業務

最近では、ベンチャーキャピタルも公認会計士を雇ってるケース多いですね。業務内容としては、株式公開のための条件を満たすために、企業の状況を把握し、問題点の抽出や解決策の提示等について、様々な面で支を行います。経営戦略の立案や社内規定の整備、会計に関する助言やそのシステムの構築など、単に株式公開の支援だけでなく経営ののサポートも行います。

(5)内部統制

財務報告の信頼性確保のために義務付けられる制度。報告書は内部統制の目的達成に向けた対応を経営者が評価するもので、公認会計士の監査証明を受ける必要があります。業務拡大に伴い、公認会計士に掛かる期待はますます大きくなっています。


<公認会計士の年収・収入>

●公認会計士合格者の場合
 公認会計士合格者1年目の年間給与総額は500万円程度

●公認会計士の場合
 ・監査法人
 公認会計士1年目 年間給与総額700万円前後
 公認会計士5~6年目 年間給与総額900万円前後

 ・独立開業 
 1,500万円~
 

大原の校舎で説明を受ける内容は、パンフレットの内容がほとんどですので、まずは資料請求でパンフレットを見て、時間とお金を節約したほうがいいと思います。

資料請求⇒公認会計士講座【資格の大原】資格の大原公認会計士講座


ブログトップページ:公認会計士をめざす。大原のweb通信で。

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育

勉強リハビリ


久しぶりの財務会計論。

リハビリ中です。



現在、連結のところから復習中。

けっこう、忘れてる。。。

時間の経過はききますね。

少しずつ、なれていくことにします。




ブログトップページ:公認会計士をめざす。大原のweb通信で。

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学校・教育